工場管理——技能伝承の上手な進め方Q&A

  企業の中にこれまで蓄積してきた技能を、次の世代に伝承できなければ、それらの技能はその企業から消えてしまう。

  まずは、会社として優先的に伝承すべき技能を絞り込むことが大切になる。すべての技能を伝承することが必要であるが、特に会社として重要的に伝承すべき技能を絞り込み、効率的な技能伝承を実現することもまた重要である。

 コアになる技能とは何か。自社にとって核になる技能で、この技能がなければ会社の存在価値がないものを、まずピックアップする。

 この段階でピックアップされた技能を、優先的に伝承することになる。この重点技能の絞り込みにより、会社として力を入れて伝承に取り組む技能を明確化し、会社の方針として徹底することは大切なポイントである。

 技能伝承を進めるための方向として、どのような観点に立つべきかについて解説している。基本的な方向としては、①技能伝承の仕組みずくり、②技能伝承の環境づくり、③技能伝承の意識づくり、が必用になる。

 仕組みづくりとしては、現場の技能伝承を実現するOJTの展開が基本になる。技能伝承の環境づくりは、「作業指導チャート」の整備や職場の5Sの徹底ということが指摘できる。作業指導チャートは技能伝承の基本的なツールとして位置付けられるものである。また、職場5Sも重要な環境要素である。技能伝承は仕事の手順の伝承が中心となるが、工具や技術資料などがどこにあり、すぐに取り出せる状態にあるか、いうことも技能を伝承するための基本条件となる。この点は見逃されやすいが、重要な環境条件と言えよう。

 また意識づくりとしては、指導する側と指導される側の動機付けという点が重要となる。特に指導する側の動機付けを図るためには、指導する当人のメリットは何かを明確にし、指導することによる自分の評価がどう高められるのかをはっきり示すことが必要であるまた、技能伝承をツールの活用などを通じて実施するためには、教え方の技能が重要である。技能を習得するプロセスを基本に、教え方のポイントを解説している。わかりやすい教え方にするためには、次の5つのステップが効果的である。①教える準備をする、②仕事の説明をする、③やってみせる、④やらせてみる、⑤教えた後のフォローをする、この5つのステップを基本に指導することが重要である。

 技能伝承は正社員ばかりではない。派遣社員など外部社員への指導の必要性も高まっている。外社員の指導ポイントや活用の留意点も解説している。

 最後に、技能伝承や指導に行き詰まった事例とその解説を載せている。事例を読んで、「自分だったらこうする」という考えをまとめでみえ欲しい。技能伝承のポイントについて再整理できるはずだ。

 工場において技能伝承を進める事務局、ライン管理者、および実際に技能伝承を実行する指導担当者の方々に読んでいただき、技能伝承の効率的な展開に参考になれば幸いである。

          

 

发表于: 2011-11-15 16:33 阅读(157789) 评论(2) 收藏 好文推荐
# re: 工場管理——技能伝承の上手な進め方Q&A
良好な
# re: 工場管理——技能伝承の上手な進め方Q&A
2011-11-16 11:37 | 【匿名用户】:E-works热心网友 | 2楼
看不懂啊,有翻译没?

发表评论(网友发言只代表个人观点,不代表本网站观点或立场。)

您尚未登录,请先【登录或注册